石井紘人のFootball Referee Journal

2013J1第33節 鳥栖×浦和 高山啓義審判団評

■主審:高山啓義

 採点:2

 

この日は、各地でポストシーズンが行われていたようなものだ。

上位5チームは、勝てば最終節に優勝の可能性を見出せる。横浜FMはホームゲームに6万人を集め、広島もホームに27千人。そして、この試合にも2万人が集まった。この現状を、Jリーグ事務局はどのように考えるのか?

 

鳥栖にとっては消化試合ではあるが、浦和にとってはポストシーズンそのもの。ホーム最終戦というのもあるだろうが、このシチュエーションが多くの観客を呼んだという側面の方が強いと思う。そして、これは1ステージ制の良さではないか。

そんな多くの観客が詰め掛けた試合は、鳥栖の気合がファウルの多さとなってしまう。

(残り 1070文字/全文: 1365文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ