石井紘人のFootball Referee Journal

プレミアリーグ2012第29節 アーセナル×エヴァートン ニール・スァルブリック審判団評:2

■主審:ニール・スァルブリック

 採点:2

 

「エヴァートンの闘争心には敬意を払わなければならない。彼らはフィジカルで勝負することを選んだ。行き過ぎることもあったが、正しい判定をするかどうかは審判次第だ」

と、ベンゲル監督が評したように、スァルブリック主審の基準はこの試合のポイントとなった。

(残り 1061文字/全文: 1203文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ