川本梅花 フットボールタクティクス

会員限定】ジョゼ・モウリーニョの言葉(ASローマ監督)「戦術自体が問われる時代は終わった。戦術そのものではなく、戦術を実現するためのトレーニングで監督の差がつく」

ジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)の言葉

ジョゼ モウリーニョは、世界で常に注目されてきた監督の1人である。イタリアセリエAのインテル・ミラノ、イングランドプレミアリーグのチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、スペインのリーガエスパニョールのレアル・マドリードを指揮してきた彼は、2021-22シーズンからセリエAのASローマの監督として再びイタリアに戻ってきた。

モウリーニョの経歴を少し紹介しよう。サッカー選手で監督も務めた父は影響によって母国ポルトガルでサッカーを始める。彼は15歳で選手としての限界を感じて、プロフェッショナルプレーヤーの道を諦める。首都のリスボンで体育大学に進んで教職の資格を取得する。体育教師をしながら地元のジュニアチームのコーチを担当した。これがモウリーニョの指導者としての第一歩となる。

■「ルサンチマン」の体現者

彼が指導していた時代のユース世代は、ポルトガル黄金世代と呼ばれて、フィーゴやルイ コスタなどの有望株が名を連ねた。そんな中で彼が率いたチームは14連勝を記録する。15連勝を目指した試合でついに敗れてしまった。敗北に落ち込む選手たち。モウリーニョは子供たちに、次の言葉を記したメダルを首にかけていった。

(残り 1777文字/全文: 2304文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ