川本梅花 フットボールタクティクス

ラインメール青森FC 柴田峡監督「どうすれば観客と元気を共有できるか逆算」【会員限定】成績だけではないJ3昇格のハードル

新しくなったメンバーでJ3昇格を果たすチーム作りが求められるラインメール青森FCの指揮官には、今季より柴田 峡氏が就任した。第24回日本フットボールリーグ(JFL)における青森の成績は5月6日時点で3勝1分け2敗の8位。4位から8位までが勝点10で並ぶ中、無敗のFCマルヤス岡崎が勝点19と頭ひとつ出ている。4月16日に行われたJFL第6節・東京武蔵野ユナイテッドFC戦後、柴田監督に話を聞いた。

柴田峡プロフィール

日本サッカー協会公認S級ライセンス。1965年12月8日生まれ、東京都出身。

選手歴

東京都立石神井高校ー東京学芸大学ー全日空サッカークラブー東京ガスサッカー部

指導歴

1993年 東京ペレFCクラブスクールコーチ
1994年~1996年 東京ペレ八王子ジュニアユース監督
1997年~1998年 東京ガスFCジュニアユース監督
1990年~2002年 FC東京U-18監督
2003年~2004年 FC東京強化部
2005年~2008年 東京ヴェルディユース監督
2009年 東京ヴェルディ コーチ
2010年 流通経済大学サッカー部 コーチ
2011年~2015年 松本山雅FC コーチ
2016年~2017年6月 松本山雅FCユースアンバサダー兼松本山雅FCジュニアユースU-15監督
2017年6月~11月 ブリオベッカ浦安(JFL)監督
2017年12月~2020年9月 松本山雅FCチーム統括部編成部部長
2020年9月~2021年6月 松本山雅FC監督

目指すサッカー、選手はモデルを求めるが

――武蔵野戦[1〇0]では、右サイドからの攻撃が多かった。何か意図はあったのですか?

(残り 1830文字/全文: 2500文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ