■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

川本梅花 フットボールタクティクス

【サッカー観戦術/ポジションの役割】「オーバーラップ」ってなんですか?

【サッカー観戦術/ポジションの役割】

「オーバーラップ」ってなんですか?

「オーバーラップ」は、元来はサッカー用語ではありません。映像編集技術の用語として使われていました。1つの画面を消しながら重ねていき、次に用意された画面を映し出すという「二重写しの技法」のことでした。。

サッカーに関するオーバーラップの用語の意味は、ボールを持っているプレイヤーを、後ろの選手が追い越していく動きのことを示します。オーバーラップの目的は、相手のDFを引っ張り出して、フリースペースを作ることにあります。

次のような状況を想定してください。右サイドでボールを持っているサイドハーフ(SH)の選手が、相手のサイドバック(SB)の選手と対面しています。後方でステイしていた味方の SBが、サイドスペースを駆け上がります。このときに、SHがドリブルで中に入ってくるのか、それとも外にパスを出すのか、という選択肢ができます。SHは、相手のSBを誘うようにピッチの中へドリブルを仕掛けます。サイドスペースからハーフスペースにドリブルして行くのです。ここで、味方の SBが、サイドスペースを駆け上がってくるスペースを作ります。SHからSBにパスが出されると、相手の SBは、今度はオーバラップしてきたSBをケアしに行きます。また同時に、相手SBがケアに動けばCBもスライドしてSBのいたポジションをカバーしに行きます。そうなると次の利点が生まれます。

オーバーラップすることで、相手DFを下げる効果を生むのです。攻撃するサイドの選手が高い位置を取れれば、相手のディフェンスラインは、それに準じて下がらざるを得ません。ディフェンスラインの前方のバイタルエリアが空くことになるので、シュートやラストパスを狙うことができます。なお、図では、攻撃する方のSBがFWにセンタリングを上げるスタイルを示しました。

①オーバーラップのメカニズム

②オーバーラップのメカニズム

〈了〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ