■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

川本梅花 フットボールタクティクス

【サッカー観戦術/ポジションの役割】フォワードに与えられた3つのポジション

【サッカー観戦術/ポジションの役割】

フォワードに与えられた3つのポジション

フォワードForward=FW

相手ゴールに最も近い位置にポジショニングするのがフォワード(FW)になります。近現代サッカーでは、FWの守備の重要性が求められています。確かに、ファーストディフェンダーとして、チームの守備のきっかけを作ったりします。あるいは、チャンスメイクの担い手として、味方の選手へのアシストも期待されます。しかし、FWの最も重要な仕事は、得点を奪うことです。それ以外、重要なことはないと、言って差し支えがありません。シュートを打たない FWは、もはやFWとは言えません。

FWの守備についてですが、相手がどんなシステムを組んでこようとも、基本的にはFWは常に数的不利の立場になります。こちらの FWが2人で相手が4バックシステムならば、2対4になります。または、こちらのFWが1人で相手が3バックシステムならば、1対3です。その場合、FWの守備のやり方は、相手からボールを奪うというよりも、サイドに追い込んだり、パスコースを限定して、ミッドフィルダー(MF)やディフェンダー(DF)の仕事を軽減する役割を担います。FWの守備は、闇雲にボールを持つ相手ゴールキーパーやDFにプレスに行くのではなく、2トップならば、もう1人のFWやMFと連携を取って守備をしなければなりません。

FWには、3つのポジションがあります。

センターフォワード(Centre Forward=CF)

「4-3-3」などのフォーメーションの場合、FWは3人になります。3人のFWを3トップと言うのですが、そのうちの真ん中の先端にポジショニングするFWをセンターフォワードと記します。同義語で1トップと言うケースもあります。相手DFを背負ってプレーする機会が多く、ポストプレーを求められるポジションです。

セカンドトップ(Second Top=ST)

「3-4-2-1」など1トップのFWの後ろにポジショニングします。同義語でシャドーストライカーとも述べます。CFへのアシストや相手のDFの裏への飛び出しが期待されます。

ウイング(Wing=WG)あるいはウインガー(Winger=WG)

「4-3-3」などのフォーメーションの場合、1トップのCFの左右にポジショニングします。サイドからのクロスはもちろん必要とされて、得点を奪う決定力も求められます。

〈了〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ